一般社団法人えねこや 電力自給からコミュニティへ

子どもたちの未来のために
えねこやは活動しています

私たちの取り組み小中学生の感想文

「暮らしの中のエネルギー」について考える授業を体験した
小中学生から感想をいただいております。

家のベランダに1枚太陽光パネルをはると(おくと)450Whの発電ができることを知って、マンションでもできるのだと初めてしることができました。(多摩第一小)
小屋が木で造られている理由を知って、いいとこどりのすごい循環だなと思い、家族にもたくさん話して教えました。(連光寺小)
今回の体験で、十年後、二十年後の環境をぼくたち一人の行動で変えていかなければならないことをあらためて実感することができました。(連光寺小)
しょうらい、「木の家にすみたい」と思うようになりました。そして「買った物はしっかり使いきろう」と思いました。(東寺方小)
ドライヤーは電気をたくさん使ってエコじゃないということを知って、お風呂の後はタオルでしっかりふいてから、ササっと乾かすようにしてエコに少しでも協力したいと思いました。(東寺方小)
断熱をしっかりすることで、夏は涼しく、冬は暖かく過ごすことができたり、その分のエネルギー消費量を減らしたりすることができることがすごいなと感じた。(多摩中3年)
オフグリッドの家でも普通と変わらない生活に驚いた。(多摩中3年)
グラフや写真だけではわからないことを実際に見て、触れて実感したことがとても多かったです。今回の授業を受けて、将来の家の理想が大きく変わりました。(多摩中3年)
えねこやを見て、たくさんのお話を聴き、再生可能エネルギーの暮らしは誰でも実現できるんだと感じることができました。(多摩中3年)
誰かが変えてくれるという他力本願をやめようと思った。(多摩中3年)

えねこやの活動に興味がある方、取材のお申し込みなど
お問い合わせはこちらからお願いします。

お問い合わせ