「えねこや」って?

「えねこや」って?

「えねこや」は、自然の力でつくったエネルギーだけで心地よく過ごせる小さな建築のこと。(エネルギーの小屋)
少ないエネルギーでも快適かつ健康的に過ごせることを前提に、太陽光発電と蓄電池で電力自立(=オフグリッド)を目指します。そのためにまず建物の規模を抑え(小屋)、断熱気密性能の向上と省エネ機器の採用により大幅な省エネをはかり、太陽や風などの自然エネルギーと再生可能な木質バイオマスを最大限活用することがポイントとなります。

「えねこや」を、カフェやギャラリー、子育てや高齢者のサロンなど、半公共空間として地域に展開し、さまざまな活動や参加型イベントを通して「エネルギー多消費型の暮らし」から「持続可能で豊かな省エネルギー型の暮らし」へと発想の転換を促します。また「えねこや」を通して地域住民をつなぎ、災害に強いエネルギー循環型社会の実現を目指します。
(震災などの非常時でも不自由なく過ごせる)

  • えねこやの説明
  • えねこやカフェのイメージ
えねこやの説明

えねこやを増やして災害に強いまちづくりを

「えねこや」のデザイン

一般的な系統連係型の太陽光発電システムと、えねこやの独立型・太陽光発電システムの違い

  • img03
  • 一般的な住宅の太陽光発電システム
  • 系統連係で電力会社とつながり、発電時の余剰電力を売電し蓄電はできない。夜間や雨天時の電力は、電力会社から購入する。
  • img03
  • えねこやの独立型・太陽光発電システム
  • 電力会社の送電網につながらない完全に独立したシステム。
    夜間や雨天時には、蓄電池に貯めた電気を使うが、もし不安がある場合には、切替え式で電力会社の契約を残してバックアップに使うこともできる。(この場合、基本料金は支払う)
えねこやは、太陽光発電による電力自給以外に、次のようなことに配慮します。
  • 1建物や開口部の断熱気密性能を高め、熱ロスを低減
  • 2室内温度の均一化と健康的な室内環境 (床下空間の活用)
  • 3夏の日射遮熱と冬の日射取得
  • 4通風の確保と重力換気の活用
  • 5電力消費を抑える工夫
  • 6木質バイオマス利用の暖房(無電力ペレットストーブ等)
  • 7太陽熱温水器、太陽熱利用の暖房の活用
  • 8節水機器の利用と井戸水、雨水の活用
  • 9緑の活用
img05

「えねこや」をつくる

新築の「えねこや」、既存住宅に手を加える「えねこや・リノベ」、そして部分的に手法を取り入れた「えねこや・プラス」と、主に3つのメニューがあります。

  • 1.えねこや「新築」
  • 断熱気密性能の高い窓やドア、壁や屋根をベースに、3kw程度の太陽光発電パネルと大容量の蓄電池、ペレット(薪)ストーブや太陽熱温水器を搭載した、完全(併用)オフグリッドを実現した新築の「えねこや」
  • 2.えねこや・リノベ「改築工事」
  • 既存住宅や空き家をリノベーションして、耐震性能や温熱環境を改善し、規模に見合った太陽光発電パネルと蓄電池、ペレット(薪)ストーブや太陽熱温水器を搭載した、完全(併用)オフグリッドの「えねこや」
  • 3.えねこや・プラス「部分採用」
  • 数枚の太陽光発電パネルと小容量の蓄電池と、部分的な改修を施して(セルフリノベを含む)、一部屋オフグリッドなどを実現させた小規模な「えねこや」

「えねこや」を広める

「えねこや」を通して、継続的に多様な活動(セミナーやイベント、ワークショップなど)を企画・運営し、情報発信を行います。
「えねこや」で、地域住民が主体となって行う活動をサポートいたします。

「えねこや」を広める

半公共空間にはできないけれど、自宅や所有されている建物を「えねこや」のようにしてみたいという方は、若干、費用はかかりますが、御相談を受け付けております。まずはお気軽に御連絡下さい。(遠隔地の場合は、別途交通費が必要となります)